白血病の一形態としての多発性骨髄腫

骨髄腫と白血病の鑑別診断における従来のポイントが議論されてきた。 これらの区別の点は基本的な性質であるとはみなされないことを示す証拠がもたらされている。 多発性骨髄腫の症例が白血病の様々な特徴を示し、その逆もまた同様である場合には、実例が抽象化される。

1. 骨髄腫における白血病の特徴は、以下に示されている:

a.外接した腫瘍形成を伴わず、総骨破壊を伴わない多発性骨髄腫におけるびまん性浸潤;

b. 腎臓、脾臓、リンパ節、等を含むextraskeletal内臓のmyelomatous広がり。;

c.骨髄腫における末梢血の浸潤-時折骨髄腫細胞(白血病のaleukemic形態に対応する)は、定期的な検査で見逃されることがあるにもかかわらず、濃縮されたスメアで頻繁に見られることがある;しかし、末梢血の大規模な浸潤はまれである;

d.血液の尿酸含量の増加および白血病の特徴である基礎代謝の上昇は、骨髄腫でも頻繁に見られる;

e.青少年における骨髄腫の発生;

f. 多発性骨髄腫の症状は、骨系に言及できないことがあります。

2. 白血病における骨髄腫の特徴は、以下に示されている:

a.白血病における骨格的関与;

b.非常にまれな髄様型の白血病(内臓関与なし);

c.ベンス-ジョーンズ蛋白尿または

d.白血病のまれな症例における高グロブリン血症を伴う高タンパク質血症;

e.白血病の症状が骨系に参照可能であった場合。

3. 多発性骨髄腫と白血病の共存について文献からレビューし,広範な混合リンパ球と形質細胞浸潤の症例を報告した。

結論として、骨髄腫と白血病の違いは、列挙された従来の特徴に関する限り、発生率の一つに過ぎず、ある疾患ではまれであり、他の疾患では一般的であり、その逆もまた同様である。 多発性骨髄腫は、すべての確率で形質細胞の白血病である。