Blabbermouth.net –

QUIET RIOTは、バンドのドラマー Frankie Banaliの死後、一ヶ月以内に継続する計画を発表しました。

ベテランロッカーは水曜日にソーシャルメディアの投稿で彼らの計画を明らかにしました。 2020年から2021年にかけては、”人生が続くから!

“バンドが継続し、私たちは音楽と遺産を生き続けることをフランキー-バナリの願いでした。

“チャック-ライトは1981年以来、バンドのオフとオンにされており、曲”メタルヘルス”だけでなく、他の多くのQUIET RIOTのアルバムで演奏されています。 アレックス-グロッシは2004年からバンドに参加し、ツアーとレコーディングを行っている。 Jizzy Pearlは2013年以来QUIET RIOT familyのメンバーであり、Johnny Kellyはフランキーの祝福を受けてこの一年ドラムに充填する素晴らしい仕事をしてきました。

“私たちは、より多くのTBAとカレンダー上のショーを持って幸せであり、2021年以降にあなたのすべてと静かな暴動の歴史と遺産を祝うことを非常に楽しみ..!!”

2020ツアー日程:

10月。 09-Urich,MO-グランドステージ円形劇場
Oct. 23-Reading,PA-The Reverb

2021ツアー日程:

フランキーはApril17、2019にIV期膵臓癌と診断され、生きるために半年を与えられました。 彼は最後まで勇敢で勇敢な16ヶ月の戦いを立て、できるだけ長くライブを続けました。 標準的な化学療法は機能を停止し、一連の脳卒中は臨床試験の継続を不可能にした。 7月18日、20日にロサンゼルスで妻と娘に囲まれて試合に敗れた。

Banaliは、息切れ、脚の痛み、エネルギーの損失のために緊急治療室に行った後、膵臓癌と診断されました。 彼の肺のスキャンは、最初のスポットが見られた場所である彼の肝臓の画像をキャッチしました。 その後、彼の膵臓に腫瘍が発見されました。

彼は昨年の春から治療を受けていましたが、最近、癌を縮小または制御することを期待して21回目の化学療法を完了しました。

Banaliは、カリフォルニア州ウェストハリウッドのウィスキー-ア-ゴー-ゴーで昨年十月に癌の診断を発表して以来、QUIET RIOTで彼の最初のショーを演奏しました。

KellyとDupkeとのQUIET RIOTのショーは、Banali、歌手Kevin DuBrow、ギタリストCarlos Cavazo、ベーシストRudy Sarzoの古典的なラインナップのメンバーなしでバンドが演奏したのは初めてです。

Banaliは創設メンバー DuBrowの死の三年後、2010年にQUIET RIOTを復活させました。

QUIET RIOTは2人のボーカリスト、Mark HuffとScott Vokounを経て、2013年にPearlに定住しました。 パールは2016年10月にQUIET RIOTからの脱退を発表し、2017年3月に「American Idol」ファイナリストのJames Durbinが到着する前に、グループとの5つのショーのみを演奏したSeann Nicholsに代わった。 2019年9月にはクワイエット・ライオットに復帰した。

QUIET RIOTの最新スタジオ—アルバム”Hollywood Cowboys”は、ダービンをボーカルにフィーチャーしたもので、Frontiers Music Srlから昨年十一月にリリースされました。

静かな暴動-2020/2021人生が続くので!

バンドが継続し、私たちが音楽を保つことをFrankie Banaliの願いでした。..

2020年9月9日水曜日にQuiet Riotによって投稿されました